トップページ > ニュースリリース

2016.12.31

「金澤進コレクション展」

2017年1月14日(土)より「金澤進コレクション展」「森田草男展」を同時開催いたします。
今回開催の金澤進コレクション展では、金澤進氏が収集した油絵150点、浮世絵70点のほか陶器などその芸術作品は多岐にわたり、これら作品群の中から選りすぐりの大作をピックアップしたものが展示されます。
森田草男展では彼が感銘を受けた音楽の世界を、心にたぎる旋律を絵に表現した作品を展示します。
ぜひご来館ください。

会期:2017年1月14日(土) → 2017年3月26日(日)
金澤進コレクション展
森田草男展



2016.10.15

「金子周次 木版画展」

2016年10月15日(日)より「金子周次 木版画展」を開催します。
心豊かな郷土愛に満ち、純粋な人柄を彷彿とさせる金子周次の作品。没後40年を迎える金子周次の画業を改めて振り返り、版画・油絵・水彩画80点を展示します。
ぜひご来館ください。

会期:2016年10月15日(日) → 2016年12月23日(金)
詳細→金子周次 木版画展



2016.9.11

猫たちの遊々展2016『私の好きな作品大賞』決定

「猫たちの遊々展2016」にご来館されたお客様の投票で『私の好きな作品大賞』が決定しました。

詳細→猫たちの遊々展『私の好きな作品大賞』発表



2016.07.17

「猫たちの遊々展2016」

2016年7月16日(土)より「猫たちの遊々展2016」を開催しております。
猫たちの表情を芸術作品にして応募されたおよそ50名の作家により、絵画や彫刻・陶芸・写真などおよそ100点を展示するほか、此木三紅大をはじめ、藤田嗣治、フジ子・ヘミング、藤井勉、内藤瑶子などの特別出展作品を一堂に集め、館内猫づくしで一挙展示します。
また、一部展示作品の販売及び猫グッズも多種揃えて販売します。
ぜひご来館ください。

会期:2016年7月16日(土) → 2016年9月25日(日)
詳細→猫たちの遊々展2016



2016.3.28

「加須市の作家展2016」

2016年4月9日(土)より「加須市の作家展2016」を開催いたします。
加須市は近代洋画の先駆者と言われる斉藤与里先生をはじめ、郷土を愛する優れた作家を大勢輩出しています。今回の展覧会は、加須市の物故作家から現在第一線で活躍されている作家の作品まで100点を一堂に集め展示いたします。
ぜひご来館ください。

会期:2016年4月9日(土) → 2016年6月26日(日)
詳細→加須市の作家展2016



2016.1.9

「煌めくガラス絵展 2016」

2016年2月13日(土)より「煌めくガラス絵展 2016」を同時開催いたします。
美しく煌めくガラス絵の魅力を追求し、普及活動を続けている日本ガラス絵作家協会員20名の作品をご紹介いたします。ぜひご来館ください。

会期:2016年2月13日(土) → 2016年3月27日(日)
詳細→煌めくガラス絵展 2016



2016.1.9

「夢中で絵を描いた少年コノキ展」

2016年1月9日(土)より「夢中で絵を描いた少年コノキ展」を開催いたします。
現在、絵画にとどまらず、彫刻、やきもの、詩作など、ジャンルを超えて意欲的に制作活動を続けている此木三紅大の15歳〜20歳までの作品約40点を展示いたします。
ぜひご来館ください。
また、『「コノキ・ミクオの詩」朗読会』を2月17日(水)午後2時から開催いたします。此木紀子氏と、永田紅蘭氏が朗読いたします。お楽しみに!

会期:2016年1月9日(土) → 2016年3月27日(日)
詳細→夢中で絵を描いた少年コノキ展



2015.10.9

「出井保勝とコノキ・ミクオ二人展」

2015年10月17日(土)より「出井保勝とコノキ・ミクオ二人展」を開催いたします。
出井保勝の幾何学抽象絵画と、コノキ・ミクオのガンダ・アート、二人のコラボレーション。油彩画、アクリル画など、200号の大作をはじめ、ガンダ彫刻を合わせて約50点を展示いたします。明朗でユーモラスでワクワクするような生命讃歌の芸術を多くの皆さまに味わっていただきたいと思います。
ぜひご来館ください。

会期:2015年10月17日(土) → 2015年12月23日(水)
詳細→出井保勝とコノキ・ミクオ二人展



2015.9.2

猫たちの遊々展2015『私の好きな作品大賞』決定

「猫たちの遊々展2015」開催から8月末までにご来館されたお客様の投票で『私の好きな作品大賞』が決定しました。

詳細→猫たちの遊々展『私の好きな作品大賞』発表



2015.06.23

「猫たちの遊々展2015」

2015年7月12日(日)より「猫たちの遊々展2015」を開催いたします。
猫たちの表情を芸術作品にして応募されたおよそ50名の作家により、絵画や彫刻・陶芸・写真などおよそ100点を展示するほか、此木三紅大をはじめ、藤田嗣治、フジ子・ヘミング、藤井勉、内藤瑶子などの特別出展作品を一堂に集め、館内猫づくしで一挙展示します。
また、一部展示作品の販売及び猫グッズも多種揃えて販売します。
ぜひご来館ください。

会期:2015年7月12日(日) → 2015年9月23日(水)
詳細→猫たちの遊々展



2015.3.30

「梅山昌弘展 ― 生きてこそおもしろい ―」

2015年4月11日(土)より地元加須市在住の作家、梅山昌弘氏の個展「梅山昌弘展 ― 生きてこそおもしろい ―」を開催いたします。
色彩鮮やかに描かれた独創的な幾何学模様は不思議な空間を編み出し、その一つ一つは観る者の想像力を無限に広げてくれます。
梅山氏の迫力に満ちた抽象画の数々をどうぞご高覧下さい。

会期:2015年4月11日(土) → 2015年6月21日(日)
詳細→梅山昌弘展


「海北友松屏風絵展 ― 桃山の美 ―」

2015年4月25日(土)より「海北友松屏風絵展 ― 桃山の美 ―」を同時開催いたします。
屏風図や杉戸など、おめでたい図柄の墨絵を各種展示。海北友松作「鶴之図屏風」ほか初公開となります。この機会にぜひご来館ください。

会期:2015年4月25日(土) → 2015年6月21日(日)
詳細→海北友松屏風絵展



2014.12.27

「煌めくガラス絵展」

2015年1月10日(土)より「煌めくガラス絵展」巡回展を開催いたします。
ガラスを透して見る絵の色は美しく、まるで宝石のような輝きを見せます。絵の具をチューブから押し出したときに見る、あの濡れたままの光沢、永遠に変わらぬ輝き。
今回は、煌めく宝石のようなガラス絵の魅力を多くの方に伝えたいと、制作を続けている「日本ガラス絵作家協会」の会員20名による作品を展示いたします。
ぜひご来館ください。

会期:2015年1月10日(土) → 2015年3月22日(日)
詳細→煌めくガラス絵展



2014.10.22

「此木三紅大の七変化展 ― 自由なる魂の賛歌 ―」

2014年10月4日(土)より「此木三紅大の七変化展 ― 自由なる魂の賛歌 ―」を開催いたします。
喜寿(77才)を迎えた此木三紅大氏に因んで、綺羅星のごとく光り輝く七変化の作品群を一堂に展示し、美術家としての彼の創作の全貌に迫ります。
板絵(イコン)・ガンダ彫刻・扇絵・詩画など、さまざまなジャンルの作品約60点を展示いたします。
ぜひご来館ください。
また、「此木三紅大の詩朗読会」を11月8日(土)午後2時から開催いたします。
松山庭園美術館館長の此木紀子氏と、書道家の安達幸子氏が朗読いたします。お楽しみに!

会期:2014年10月4日(土) → 2014年12月23日(火)
詳細→此木三紅大の七変化展



2014.6.19

「日刊!さいたま〜ず」ラジオ出演

当ほくさい美術館館長が、NHKさいたま放送局「日刊!さいたま〜ず」にラジオ出演させていただくことになりました。
ただいま開催中の「猫たちの遊々展2014」の見どころをご紹介します。
● 2014年7月2日(水)午後6時00分〜6時50分
● 日刊!さいたま〜ず
● さいたま 85.1MHz / 秩父 83.5MHz
「日刊!さいたま〜ず」番組ホームページはこちら



2014.06.02

「猫たちの遊々展2014」

2014年6月14日(土)より「猫たちの遊々展2014」を開催いたします。
猫たちの表情を芸術作品にして応募されたおよそ50名の作家により、絵画や写真、彫刻、工芸などおよそ100点を展示するほか、此木三紅大をはじめ、藤田嗣治、フジ子・ヘミング、藤井勉、内藤瑶子などの特別出展作品を一堂に集め、館内猫づくしで一挙展示します。
また、一部展示作品の販売及び猫グッズも多種揃えて販売します。
ぜひご来館ください。

会期:2014年6月14日(土) → 2014年9月15日(月)
詳細→猫たちの遊々展



2014.03.17

「森田草男展/水野朝展 ― 希望それは生きる力 ―」

2014年3月30日(日)より「森田草男展」「水野朝展」を開催します。
〜希望それは生きる力〜をテーマに、美しい抽象画が印象的な森田草男氏の油彩画を20点、障害というハンデを乗り越え活躍する水野朝氏の日本画を40点展示いたします。
ぜひご来館ください。

会期:2014年3月30日(日) → 2014年6月1日(日)
詳細→「森田草男展」「水野朝展」



2013.12.24

「江原浩子・安達幸子姉妹展 ― 絵と書のコラボ ―」

2014年1月10日(金)より「江原浩子・安達幸子姉妹展」を開催します。
心を穏やかに癒してくれるような温もりのある江原氏(姉)の油彩画と、観る人の魂に訴えかける安達氏(妹)の書と刻ことばの作品を多数展示いたします。
ぜひご来館ください。

会期:2014年1月10日(金) → 2014年3月9日(日)
詳細→江原浩子・安達幸子姉妹展



2013.10.21

『第九回「わの会」コレクション展・野田哲也展』

2013年10月27日(日)より『第九回「わの会」コレクション展・野田哲也展』を開催します。
「わの会」コレクション展は、年に一度、会員皆様のコレクションの中から珠玉の作品を公開していただき、巡回開催しております。
今回は、ニューヨーク近代美術館はじめ世界40美術館、東京国立美術館はじめ国内38美術館が所蔵する世界的版画家、野田哲也展を同時開催します。
また、野田哲也氏によるギャラリートークを11月10日(日)に開催します。
ぜひご来館ください。

会期:2013年10月27日(日) → 2013年12月23日(月)
詳細→野田哲也展
詳細→第九回「わの会」コレクション展



2013.10.8

猫たちの遊々展2013『私の好きな作品大賞』決定

「猫たちの遊々展2013」開催から9月末までにご来館されたお客様の投票で『私の好きな作品大賞』が決定しました。

詳細→猫たちの遊々展『私の好きな作品大賞』発表



2013.8.4

「猫たちの遊々展2013」

2013年8月10日(土)より「猫たちの遊々展2013」を開催いたします。
猫たちの表情を芸術作品にし応募された40名の作家、絵画、彫刻、工芸など80点の猫作品、また、此木三紅大をはじめ、藤田嗣治、フジ子・ヘミング、藤井勉などの特別出展を一堂に集め、館内猫づくしで一挙展示します。
また、一部展示作品の販売及び猫グッズも多種揃えて販売します。
ぜひご来館ください。

会期:2013年8月10日(土) → 2013年10月20日(日)
詳細→猫たちの遊々展



2013.6.3

「日刊!さいたま〜ず」ラジオ出演

当ほくさい美術館館長が、NHKさいたま放送局「日刊!さいたま〜ず」にラジオ出演させていただくことになりました。
ただいま開催中の「青山美野子展」の見どころや、より鑑賞が楽しめる作家のエピソードなどをご紹介します。
● 2013年6月26日(水)午後6時00分〜6時50分
● 日刊!さいたま〜ず「Culture」コーナー
● さいたま 85.1MHz / 秩父 83.5MHz
「日刊!さいたま〜ず」番組ホームページはこちら



2013.5.7

「青山美野子展 ― 透徹した美を求めて ―」

2013年5月18日(土)より「青山美野子展」を開催いたします。
透徹した美しい色彩とマチエール、懐かしさ、瑞々しさに溢れる水彩、油彩ほか、抽象の墨絵など、青山美野子の作品を展示します。
ぜひご来館ください。

会期:2013年5月18日(土) → 2013年7月28日(日)
詳細→青山美野子展



2013.2.16

「ルオーのミセレーレを中心とする銅版画展」

2013年2月23日(土)より「ルオーのミセレーレを中心とする銅版画展」を開催いたします。
20世紀最大の宗教画家といわれるジョルジュ・ルオー。この展覧会では、ルオーが生涯をかけて制作した代表作の一つである「ミセレーレ」の作品を中心に、ミレー、ゴヤ、藤田嗣治といった日頃目にすることの少ない銅版画を多数展示します。
ぜひご来館ください。

会期:2013年2月23日(土) → 2013年5月6日(月)
● ギャラリートーク「ルオーとその背景」 2013年4月29日(月) 午後2時〜4時
詳細→ルオーのミセレーレを中心とする銅版画展



2012.11.14

「安藤薫と和尚工房展」

2012年11月14日(水)より「安藤薫と和尚工房展」を開催いたします。
この展覧会は安藤薫の絵画と、會田和代(母)の絵画、會田尚子(娘)のレザークラフト作品などを展示します。工芸品等一部作品の販売もございます。
ぜひご来館ください。

会期:2012年11月14日(水) → 2013年2月15日(金)
詳細→安藤薫と和尚工房展



2012.10.07

「第八回「わの会」コレクション展」ギャラリートーク開催のご案内

第八回「わの会」コレクション展ギャラリートークを開催いたします。ぜひご来館ください。
日 時:10月28日(日)午後2時から
場 所:ほくさい美術館
トーク:わの会事務局長・柏わたくし美術館館長 堀 良慶 氏 他

第八回「わの会」コレクション展



2012.9.25

「第八回「わの会」コレクション展 -自由出品-」

2012年9月30日(日)より「第八回「わの会」コレクション展」を開催いたします。
今回のコレクション展は自由出品で、制作年代の幅も広く、多くの画家の人物画・風景画などまた版画もあり、多彩です。出品者34名・出品作品60点・作家51名および此木三紅大の作品を展示します。
ぜひご来館ください。

会期:2012年9月30日(日) → 2012年11月4日(日)
詳細→第八回「わの会」コレクション展



2012.7.18

「猫たちの遊々展2012」

2012年7月22日(日)より「猫たちの遊々展2012」を開催いたします。
猫たちの表情を芸術作品にし、応募された40名の作家、絵画、彫刻、工芸など60点の猫作品、また此木三紅大・中嶋睦雄の特別出展など一堂に集め、館内猫づくしで一挙展示します。
ぜひご来館ください。

会期:2012年7月22日(日) → 2012年9月23日(日)
詳細→猫たちの遊々展2012



2012.5.26

「煌めくガラス絵展 ―ガラス絵の美はどこまで可能か―」

2012年5月27日(日)より「煌めくガラス絵展」を開催いたします。
ガラス板の裏面に描き、それを表面からガラスを透して鑑賞する絵画「ガラス絵」。今回は此木三紅大のガラス絵を中心に展示いたします。
ぜひご来館ください。

会期:2012年5月27日(日) → 2012年7月15日(日)
詳細→煌めくガラス絵展



2012.3.11

「春の花絵画展 ― 訪れる春に復興への夢をのせて ―」

2012年3月18日(日)より「春の花絵画展」を開催いたします。
此木三紅大、澤田利一、金子周次ほか、春の花をテーマにした作品を多数展示いたします。
ぜひご来館ください。

会期:2012年3月18日(日) → 2012年5月20日(日)
詳細→春の花絵画展



2012.1.1

「此木三紅大の扇面画展 ― 扇面の美を求めて ―」

ほくさい美術館では「此木三紅大の扇面画展」を開催いたします。
古来より扇は東洋の心ともいえる用美一体の芸術として、長い伝統に培われてきました。この扇面形という特殊な空間に冒険を試み続けてきた、芸術家此木三紅大の作品約50点を一堂に展示いたします。
ぜひご来館ください。

会期:2012年1月15日(日) → 2012年3月11日(日)
詳細→此木三紅大の扇面画展



2011.10.10

「猫たちの遊々展」

ほくさい美術館では「猫たちの遊々展」を開催いたします。
此木三紅大・藤田嗣治はじめ関東各地から応募された30名の作家による絵画、彫刻、工芸など60点の猫作品を一堂に集めて展示し、ほくさい美術館優秀賞5点も紹介いたします。
ぜひご来館ください。

会期:2011年10月10日(月) → 2011年12月25日(日)
詳細→猫たちの遊々展



2011.8.5

『第七回「わの会」コレクション展』

ほくさい美術館では2011年8月13日(土)より『第七回「わの会」コレクション展』を開催します。
この展覧会は「わの会」会員皆様のコレクションの中から珠玉の作品を公開していただき、東京、埼玉、金沢と巡回開催されます。
今回のテーマは、池袋モンパルナスの作家たちプラス自由出品として、その関連の作品を集めてあり、出品者39名・出品作品58点・作家47名、うち池袋モンパルナスの作家の作品31点を展示します。
ぜひご来館ください。

会期:2011年8月13日(土) → 2011年9月30日(金)
詳細→第七回「わの会」コレクション展



2011.5.21

「小林たかゆき展」

ほくさい美術館では2011年5月21日(土)より「小林たかゆき展」を開催します。
生きる希望を見失いかけていた時に運命の如く出会った絵画の世界。
青春の挫折を乗り越え、鮮やかな色彩と形で表現した70点の絵画を展示致します。
ぜひご来館ください。

会期:2011年5月25日(土) → 2011年7月31日(日)
詳細→小林たかゆき展



2011.4.24

「双葉町の皆様を特別ご招待」

この度の東関東大震災で未曾有の地震、津波、原発事故により被災されました皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
当ほくさい美術館では、東日本大震災により被災された双葉町の皆様が少しでも心癒されればと、無料にて入館いただく特別招待を実施いたします。

福島県双葉町の被災者の皆様は、役場機能ごと当加須市の旧県立騎西高校に避難して参りました。まだまだ一段落とまではいかないと思いますが、ゴールデンウイークを挟んで加須市内を散策しながら、しばし芸術作品を鑑賞いただければ光栄です。
双葉町の皆様のご来館を心よりお待ち申し上げます。

概要は次のとおりです。
テーマ  「桜まつり」
展示品  此木三紅大・澤田利一・地元加須市の作家による絵画・彫刻
期 間  平成23年5月3日(火)〜8日(日) 
開館時間 午前10時〜午後5時 

※「東日本大震災被災者様特別招待券」は旧県立騎西高校内双葉町役場でお受け取りください。
  所在地等詳しいことは役場内掲示のポスターをご覧ください。

お問い合わせはこちら